移転のお知らせ

人気ホームページランキング 人気blogランキング ブログ リンク集

2006年10月28日

66年版「魔法使いサリー」DVD-BOXが発売決定

sary1.jpg筆者は、小学生のときに「魔法使いサリー」のアニメをリアルタイムで見たことがある。と言っても、1989年版のほう。本当は少女向けなんだろうけど、男の自分もどういうわけか見ていた。当時はアニメなら何でも見ていたから、その流れなんだろうけど。本編よりはむしろ「マハリクマハリタ〜」ではじまるオープニングテーマは強く印象に残っている。その「魔法使いサリー」は、最初は1966年に放送されたもので、しかも筆者が見ていた1989年版が、実は66年版の続編だったというのを知ったのは、だいぶ後になってからである。(ちなみに、原作が「鉄人28号」「三国志」と同じ横山光輝だったのにも驚いた。)

その1966年版の「魔法使いサリー」のDVD-BOXが12月20日に発売されるという。全107話収録はもちろんのことだが、大抵のアニメ番組と違うのは、1〜17話はモノクロで、18話以降がカラーというのが最大の特徴だ。テレビのカラー放送は、1960年にはすでに始まっていたのだが、カラーテレビ自体、まだ一般家庭には普及しておらず、視聴できる地域も限られていた。1966年3月に、電電公社による全国カラー放送用マイクロ回線網が完成し、全国的にカラー放送が見られることになり、この頃からカラーテレビもようやく普及し始め、「魔法使いサリー」も18話以降からカラーでの放送となったのだ。そういったところにおいても時代を感じさせる一本だ。

img3.jpg初回限定版には、サリー&カブのフィギュアがついて78750円(税込)。フィギュアなしの通常版は75810円(税込)という価格。共通の封入特典には、68ページのオリジナルブックレットが付いてくるほか、特典映像には貴重な「新番組予告映像」がついてくるという大サービス。66年版をあまり知らないアニメファンももちろんだが、やはり放送当時は小学生だった、40代後半〜50代前半という中高年層にもオススメしたいところ。特に、家にはまだモノクロテレビしかなく、カラー放送になっても白黒でしか楽しめなかった人。当時は録画なんてできず、見逃した回があったという人。このDVD-BOXで、もう一度「サリー」を見て、輝いていた少年・少女時代を「プレイバック」(古い・・・)してみませんか??

今年の冬はアニメのDVD-BOX商戦が過熱している。12月6日には、「ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲBOX60's&70's」が発売されるのを皮切りに、8日には「エスパー魔美DVD-BOX 下巻」。「サリー」と同日の20日には「るろうに剣心DVD-BOX 全集・剣心伝」。そして22日には、「機動戦士ガンダムDVD-BOX 1」と、大物タイトルが続々登場する。アニメファンからは嬉しい悲鳴が聞こえてきそうだ。

「魔法使いサリー」情報ページ
http://member.toei-anim.co.jp/esp/cgi-bin/item.cgi?item_id=POBD60100%2d18
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000HWXTVS/


2006.10.28. 15:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | リリース情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

「魔法使いサリーDVD-BOX」遂に発売・入手・私のレビュー
Excerpt:  ようやく私の手元に届きましたが、取り敢えず速報で、内容を順次追記しますので、度
Weblog: さかぽよすの記 with To LOVEる
Tracked: 2007-02-25 06:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。