移転のお知らせ

人気ホームページランキング 人気blogランキング ブログ リンク集

2006年04月02日

【東京国際アニメフェア2006】 川崎真央「エンジェル・ハート」トークショー

昨年10月からよみうりテレビ・日本テレビ系列で好評放送中の『エンジェル・ハート』。
その『エンジェル・ハート』のDVD-BOX1(第1話〜第13話まで収録)が4月26日に発売される。その発売記念イベントと題して、先月26日12時30分よりアニプレックスブースにてトークショーが行われた。
トークショーには、香瑩役の川崎真央さんと、アニプレックスの植田益朗プロデューサーに加えて、急遽よみうりテレビの諏訪道彦プロデューサーも登場。さりげなくコナンのバルーンを持って、映画の宣伝も行っていた。(ちなみに、アニプレックスブースの隣は、東宝のコナン映画宣伝ブースだった。)



トークショーでは、香瑩役オーディションやアフレコの裏話も飛び出し、終始和やかな雰囲気に。
植田プロデューサーは香瑩役を選ぶに当たっては、「新しい声」を求めていたと言い、オーディションでは応募者全員のテープを聞いて、相当堪えたようだ。そのオーディションを受けた川崎さんは、そのときの植田プロデューサーの印象は「怖い顔」だったとのこと。これには場内の笑いを誘っていた。
アフレコについて川崎さんは、一番始めのほうの、感情のないグラスハートを演じるのに一番苦労をしたという。また、現場では、いつもアドリブが絶えず笑いをこらえるのに必死だったと、そのの雰囲気を語っていた。一方で、リョウ役の神谷明さんと居残りで練習をしていたことも話し、香瑩役を演じることに対する熱意も伺えた。その熱意は、彼女自身の成長に現れているようで、植田・諏訪両プロデューサーは、「回を追うごとに成長している。最終話を迎えるころにはどうなっているのか楽しみ」と、川崎さんに熱いエールを送っていた。

『エンジェル・ハート』は、第25話からOPテーマも変わり、実質新シリーズという形で新たな展開を迎える。川崎さんは「楽しい感じの作品になっていくので、これからも応援よろしくお願いします。」と、最後にメッセージを送り、イベントは終了した。

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.1(完全生産限定版) エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.1(完全生産限定版)
2006.04.02. 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。